AGA

AGAとは

AGAとはAGAとは「男性型脱毛症」のことで、遺伝や男性ホルモンの影響などが原因で起こります。額の生え際や頭頂部などの抜け毛が進行する病気であり、治療が可能です。
抜け毛が気になる、髪が薄くなってきたなどのお悩みがある場合には、お気軽にご相談ください。当院の診察室は防音になっており、受付でもプライバシーを重視した対応を行っておりますので、安心していらしてください。

AGAの原因

遺伝や毛母細胞の増殖や分化を抑制するDHT(Dihydrotestosterone)が男性型脱毛症の原因とされています。DHTは、5α-還元酵素によって作られ、毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結合します。結合の際に放出されるTGF-βが毛母細胞の増殖・分化を抑制するため、髪の毛のヘアサイクルで通常2~6年はある成長期が数ヶ月~1年程度に短縮されてしまい、毛包が充分に成長せずに小さくなる、成長期の毛髪の割合が減少して細い毛髪が増えていくなどが起こります。さらに充分に毛髪が育たないうちに短期間で抜けてしまい、抜け毛か進行します。

AGAの進行

AGAは、額の生え際から後退するケースや、頭頂部から薄くなるケース、両方が進行しているケースなどがあります。ただし、どのケースでも放置しているとAGAは進行し、年々髪の毛の量が減少して薄毛が目立つようになっていきます。AGA治療は進行を止めることができますので、できるだけ早めにご相談いただけると、目立たないままの状態をキープすることができます。

AGAの治療

>AGAの治療AGAの治療薬であるプロペシアは、5α-還元酵素を阻害することで男性型脱毛症の原因物質であるDHTの産生を抑制する内服薬です。肝機能障害がある場合には注意が必要ですし、男性不妊症の場合は治療をしない方がいいとされています。また、副作用に関して、当院では最初、4週間だけ内服していただき、しっかり確認しています。
1日1回の服用を規則的に続けることが重要ですので、時間を決めて服用すると飲み忘れを防げます。胃に負担が少ないことから、食後の服用にこだわる必要はなく、服用時間を自由に決めていただけます。なお、効果が現れはじめるのは服用開始から最低でも半年以上経過してからです。
育毛・発毛剤との併用もできますが、AGA治療薬の効果が現れはじめた頃に併用を開始するとより効果的だと考えられています。
薬には1mg錠と0.2mg錠がありますが、5α-還元酵素2型のみを阻害するプロペシアに対して、1型、2型ともに阻害するザガーロもございます。なお、1mgから0.2mgへ、0.2mgから1mgへの変更は、いつでも可能です。

目標を決めて続けることが重要

目標を決めて続けることが重要保険診療ではないため、1ヶ月の薬代として約7000円かかりますし、薬をやめてしまうと進行が再び起こりますので、治療を続けるお気持ちが希薄な方にはおすすめできません。逆に、結婚するまで、子どもが成人するまで、定年までなど、目標がある方には向いていると言えます。なお、近い将来、ジェネリック薬が登場することも考えられますので、費用に関しては手頃になる可能性があります。

副作用について

発生率は5%以下つまり20人に1人以下であるという結果です。
主な副作用にはアレルギー症状があり、皮膚掻痒症、口唇腫脹、顔面腫脹、蕁麻疹、発疹などが出る可能性があります。当院では治療開始時に2週間だけ服用していただき、副作用がないかをしっかりチェックしています。
また、性機能に関する副作用として、性欲減退や勃起不全、射精障害、精液量減少、睾丸痛、乳房肥大、乳房圧痛などがあります。精液減少などの副作用が起こる可能性を考えると、男性不妊症の方はこの治療を避ける方が賢明です。
副作用に関しては、最初の1年で1mg錠は5.0%、0.2mg錠は1.5%、プラセボは2.2%、2年目以降が1mg錠は1.6%、0.2mg錠は0%、プラセボは1.6%という結果が出ています。

服用に関するご注意

プロペシアには 前立腺がん検査のPSA検査の値を半減させる作用があることがわかっているため、検査を受ける際にはプロペシアを服用していることを医師に伝える必要があります。また、プロペシアを服用している場合には、献血ができませんのでご注意ください。

プロペシアに費用について

フィナステリド 28錠 7,100円
プロペシア   28錠 8,100円
ザガーロ    28錠 9,100円

 

  • 税込価格となっております。
当日外来予約 現在の待ち人数 パイプカット24時間WEB予約 包茎手術24時間WEB予約
口コミを見る口コミを書く